読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

悩める子育て

過ぎてみたらたいしたことなかったいろいろ

志望校選びの基準となるのは? 進学フェアでなにを聞く?

少し古い記事ですが、最近考えたことに近かったので。

※17/4/18追記

「偏差値・ブランド・流行で選ぶと学校選びは失敗する」というタイトルで、下記サイトに掲載されていましたが、古いので削除されたようです。

ps.nikkei.co.jp 

 

中高一貫校はどうやって選ぶ?

息子の学校はいわゆる塾なしでも大丈夫なほど手厚く受験に向けた勉強をしてくれるところではありません。

入学前に、ほかの学校に入学予定の友達がみな入学前の課題に四苦八苦しているのを聞いて、ここからすでに違うのだと感じました。

 

それは初めて進学フェアに行って、どの学校で何を聞いていいかもわからず、手当たり次第に、知っていたり家から通えそうな学校のブースに行って、

「大学受験に備えてどういうカリキュラムを組んでいらっしゃいますか」

という質問をしました。

多くの学校はそこにとても熱心に答えてくれたのですが、息子の現在通っている学校では、すこぶる反応が悪かったのです。

何聞いてるの?

といった感じで。
その担当の先生は、いま考えてもあまり進学フェアのブースに座るのが向いていないようないわゆる学者肌で声の小さい先生でしたが。どの先生にあたるかでもその学校の印象が変わってしまうので、できたら複数回訪れるとか同じ日に違う先生に話を聞くのもいいかもしれません。

 

ただ、いま考えると私の質問に直接的に答えるような全校的に取り組んでいる受験対策というのはそうないのだから語れないのかも、と思えます。

ちなみにだからというか、その時は塾も通っておらず、その現在の息子の学校からは遠ざかっていました。それで六年生になってからの見学となる。

 

そんなわけで、この学校に入ってもみんな自力で受験対策しないといけないところはなんとなくわかっているはずなのですが、保護者の中には「何もやってくれない」と嘆き続ける人がいます。

うちの子はやらないからもっと課題をたくさん出してほしい。

受験に役立つ小テストをしてほしい。

わからなくもないけれど、だったら違う学校で面倒見のいいところたくさんあったじゃない。そこへ行かせればよかったのに、と思ってしまいます。

 

ドラマ「下剋上受験」でもてっぺんの学校に行く! というだけで受験すると言っていましたが、てっぺんかどうかより大事なことはあると思うのです。

 

有名校だから、受かったら人からこう思われるから。

確かにあのドラマでは(実話の方は存じませんが)中卒でそれを人から下にみられるのがいやだ、というところが受験の出発点ですから、有名校に入れば自信がもてる、というのは帰結点としてはいいのかな、と思わなくもないけれど。

 

かくいう私も本当のきっかけは息子のキャラにあった環境を、と思っていたにもかかわらず、なにも知らない段階で聞けるのは受験対策のことばかり。矛盾が生じていたと思います。

ただ、学校説明会に行ったり、情報を得るごとに、学校は必ずしも受験予備校ではない、それぞれによさがあるということを知っていきました。情報を集めるのは大事ですね。

 

一見自由で息子に合っているかもと思われた学校も、説明会を訪れてすぐ、家族三人で「合わないね」と暗黙の了解をして早々に帰った学校もありました。
良さそう、合わなそうは偏差値とは関係ありませんでした。

もう、合うか合わないかって、もしかすると理屈じゃなくてその学校の持つ空気なのかもしれない、とも思えます。

また、合うだけでなく、親が子どもにその6年間を学校でどう過ごしてほしいか、子ども自身がどうすごしたいか、ということが大事かと思います。

 

実際今の学校は息子に合っていたか。
学校の特徴である自主的な活動には有意義すぎるくらいに関わっていて、心配していた居場所はがっつりあるようです。確かに受験勉強対策についても気にならないわけではないし、ここのところずっと本人にも言い聞かせている悩みではありますが。

でも、時々聞く授業内容はとても興味深いものが多いです。意外にも、私が羨ましいと思うのは主要五教科以外のものが多くあります。
私も中高生の頃、こんな本格的なことを習いたかった! そう思うような芸術系や技術系の授業があったり。

何事も全ていいということもなかなかありません。どこが一番大事かで考えていくのかなと思います。

 

うちは一人っ子なので、もう中高進学フェアに行くことはありませんが、
「その学校ならではの授業やイベントはなんですか?」とか、
「この学校の生徒の他とは違うところはどんなところですか?」

ということを聞けばよかったな、と思いました。
活躍している部活とかの話も面白いでしょう。

 

プレゼン上手な先生がいる学校では、熱くそういうものを語ってくれるところもいくつかありました。
あまり受験はしなかったけれど、通ったら面白そうと思うところもありました。決して偏差値だけではないです。

ブランド志向で選ぶ小学校

記事で思考欠落型と言われるような方は身近でも複数見受けられました。

少し前ですが、テレビで公立小学校も選ぶ時代というような話題に触れていました。
良いと評判の小学校の学区に引っ越すといったことを報じていました。
小学校にも実は差があることは、地元の何校かを見聞きして知っていたので、選ぶこと自体は否定しません。うちも別の基準ですが選んでいます。

そこで紹介されていた有名小学校は、友達の家の近所ですが、実は荒れているらしいのです。一方友達の子が行く学校は隣接していますが、まったく違うのんびりした学校なのだそう。中学受験率も大きく異なります。

 

うちの近くでもそういったケースはあります。
そのような選んで通う有名な小学校が、学級崩壊を起こしているというのを聞いたことがあります。
実際その学校内で仕事をしていた人からも聞きました。
話では、塾へ行っている子が授業を聞かなくてもいいと妨害するらしいということでした。

 

受験する子が多いというだけで学校をよく知ろうとせずに選ぶと、こういうこともありうるかと。

息子の保育園のときの友達もとても元気で型にはまらない感じの子でしたが、ある人気のある小学校に入れたので、ちょっとびっくりしました。そこはこの辺でも特に中学受験する子が多く行く学校です。どちらかというと個性よりお行儀の良い子が好まれそうな。

その子は教室からたびたび抜け出してしまい、先生からもよく注意されていたそうです。

同じ学校に行った少し年下の子も、学校が合わなくて苦労したそうです。
なまじ有名なだけに、普通の小学校とは少し雰囲気も違っていたようです。

さらに同じ学校に通う別のお母さんは、娘を同じ小学校の子が通わない塾を探して通わせていました。

 

有名だろうが、ただの公立小学校。先生だって特別ではありません。
なにかの分野でのパイロット校として多少の予算をかけてもらえるところはあるかもしれませんが、そこにいたから受験に有利になることはないと言えます。

ただ、環境としては同じように中学受験を目指す親子が多いとなにかとやりやすいと考える保護者は多いでしょう。情報交換や刺激しあって成長…ならいいけれど、良いことばかりでもないかもしれません。

 

情報を得て、慎重に考えて選んだからといって、担任や同級生のタイプなどは人それぞれ。必ずしも後悔しない学校選びになるわけではありませんが、思考欠落で選ぶよりは満足度が高いのではないでしょうか。

勉強法が学力アップの決め手〜『頭がよくなる7つの習慣』

わかりやすい勉強法の基本がぎっしり

勉強法についての本を時々読むことがあります。いいものがあれば自分が教える時に取り入れようと思っています。

大変読みやすく大事なことが詰まっていた本に出会いました。

 

この本は3章だてで、全部で7つの習慣を身につけることを目指しています。
まず「自分」をコントロールするチカラです。

生活リズムや朝の使い方について。

こちらは個人的には耳が痛い。朝は親子とも全く活用できないので。

でも、「ゆっくり急ぐ」という習慣で「1.01倍で進もう!」という考えには目から鱗が落ちました。

1.01ってほとんど微量なのですが、毎日積み重なると…。(計算してみましょう)

逆に0.99倍だとその差は恐ろしいことに。

 

二章では「時間」をコントロールするチカラ

こちらは、こうやってきちんと考えられる人こそ成功に近づくのだろうなとため息が出ます。特にうちの息子の不得手とするところ。

時間はないんじゃなくて作るんだよ!

そう言い続けていますが、ここでも大きく書いてあります。

ほかにも

「タイムトライアル暗記法」では、私がいつも教えているやり方とほぼ同じことが書いてあり、私が言っても身につかないので、息子に見せてみました。

他にも勉強法の多くは私が中学生たちに話し続けてきたことも多くて、あまり勉強法について考えない人にはとても参考になることが多いです。

目標のたてかたや目標達成までの逆算力などについても解説しています。

 

コラムでああ〜と思ったのは、

できる人は「やるための方法」をさがし出し、できない人は「やらないための言い訳」をさがし出す

(あたまがよくなる7つの習慣より引用)

 

実は中学受験の時から今でも、息子は「やらないための言い訳」の話ばかりで、うんざりしていました。

こちらは先の話をしているのですが、彼は過去の言い訳を続けるので、

「じゃあ、この先どうするの?」

となってしまいがち。そもそも基準が甘いのです。この言葉、貼っておこうかな。

 

3章では「記憶」をコントロールするチカラ

ここが勉強法の要とも言えるでしょう。
予習→授業→復習→テスト

この流れを具体的に解説していて、どのように臨めばいいかが具体的に書いてあります。

少し前に勉強を教えている子どもたちにテスト前のチェックテストをした時に、驚くほど授業の内容が入っていないことに驚き、授業への臨みかたを話したことがあります。

 

概ね本書に書いてあることと近いです。

息子も例外ではないのですが、本当に授業やったの? と思えるほどノートや教科書がまっさら。ノートはせいぜい先生の板書を写した程度。

そして復習もすぐにやらないので、テスト前にはすっかり忘れているというわけ。

授業中に復習できるような簡潔なノートを作ってしまうやり方が紹介されています。そう難しいことではありません。

ここも息子に読ませました。

 

エビングハウスの忘却曲線。ドラマ「下剋上受験」でも紹介されていましたが、勉強法では定番ですよね。こちらの解説もしてあります。

どうせするなら忘れず身につく方法とタイミングで!

なるべく省力で最大限の効果を出すことが大事かと思います。

 

あと、これは息子によく言うのですが、本書でも

「わかる」と「できる」は違う!

と説いています。

息子の苦手な数学。

「でも授業はわかるんだよね。」

いや、「できる」ようにしなさいな。

これを誤解している中高生はかなり多いと思います。

 

勉強じゃなく「作業だ!」というのも、私がある単語を覚えるのが苦手な子に話しました。

単語を覚える時に、同じ単語を並べて10回なり書いて終わり。

必ずできたかチェックしながらできるまでやるように話します。

小学校での宿題にはこういう作業で提出すればいいものが多かった気がします。

それで、やったような気になっている子の多いこと。

 

最後の習慣ではテストを攻略することを紹介しています。

同じ問題集を三回解くことをおすすめしています。どのようにやるかも丁寧にせつめいされています。

こちらも我が家ではいま毎日やるべき英単語や幾何の問題集などを繰り返しているのですが、とにかく二回目のでき具合がひどいもので、いかに一回目のやり方がダメだったかを反省していまは二〜三回目へとうつっています。

なかなか次の教材に進まずにもどかしいのですが、あの二回目のできを見ると、とてもじゃないけど一回終わったからといってできたとは言えません。この辺は中高生といえども本人になかなかまかせきれないところです。

もうそろそろ覚えて一人でやってほしい。この前の結果を見て息子も少しずつわかってきたようなのであと一歩かなと思うのですが。

 

中学生からは勉強法を意識することが大事

小学生で勉強についていけないとなると大変なことで、その時期にきちんとついていけること、勉強してできる喜びを知ることはとても大事だと思います。

 

vt-maguna.hatenablog.com

 

ただ、小学生のうちは、授業に興味をもっていたり、理解力の高い子は、授業だけで家庭学習がなくてもなんとなくできてしまうことが多いと思います。
でも、高校受験で成績を大幅にアップしたいとか、大学受験のときには上記のような時間の使い方から自宅学習、授業の受けかたまでの工夫が必須です。

これがどの程度できるかでどのくらい伸びるか、自分の力を最大限だしていけるかが決まると言えるでしょう。

 

中学に入ると、子どもも言うことを聞かなくなりますし、親としてもそこそこ自分でやるのだろうと期待してしまいますが、このような勉強法は教えられずに身につく子は少ない気がします。

とっていると聞くので教材に取り入れたりする通信教材も、私が使う教科以外はすべてまっさらというのはよくあることです。定期テスト前の教材などはとても工夫されていて、予定表までついているのがまっさらで見ていて悲しい…。

 

面倒でも定期テスト前後などをきっかけに、どんな風に取り組んでいるのか、どうやり方を変えていくべきかなど、話すことをお勧めします。

この本はとても読みやすいので、中学生本人にそのまま読ませてもいいかと思います。

もちろん、黙って渡しただけで身にしみないのが中学生ですから、それをきっかけとして、時々できているか、そもそもなんでやらなくてはいけないかを話す必要があると思います。

 

ところで、中学生以降で一番大切なのは「意識」だと思います。

親御さんはどうしても、「とりあえず勉強やって」と言って塾や私のところへ預ける方も多いのですが、実はやる気もやる目的もないまま時間と環境だけ用意しても、本人は本気にならないので、このような勉強法などについて説いても効果は半減です。

 

中学へ入って特に公立中学生でしたら、どこの高校へ行きたいのか、その目標のためにどうがんばればいいのかを先に考えるようにしたほうが、長い目で見たらずっと効果的です。「子どもが勉強しない」と愚痴る割に、その辺の親のできることをさぼっている親御さんが多いことが気になります。
中学入学直後は新生活や部活などで落ち着きませんが、夏休みには志望校について調べてみるなどのスタートが早いと、その後の勉強の目標をたてるよいきっかけになると思います。
すぎてみるとあっという間の中学三年間。中三になってから志望校を考えると、どうしても今の実力で入れるところになりがちです。

 

にほんブログ村 受験ブログへ
にほんブログ村

自分に向いている進路とは?〜8つの知能の傾向を知る

前回記事でも触れましたが、自分が向いている仕事がなんなのかわからないと、実際働いてみたら苦手だった! と気づくことになるでしょう。
できることなら小さいころから向いているかどうかを知れると回り道がなくなります。

 

“8つの知能(MI)”で自分の可能性を見つめ直す

こちらのサイトで、多重知能の理論というのを取り上げています。
チェックテストもあります。

多重知能というのは、ハーバード大学教授のハワード・ガードナー氏の理論で、それまでのIQというひとつの指標だけでは人の知能を測れないというものだそう。

 

そういえば自分が小さいころ、この知能の傾向を測るものとは違うけれどもどんな職業が合っているとかテストをやったのを思い出しました。

 

以前友達のお手伝いでピアノの発表会を手伝った時に、まだ幼児ですが大変才能の突出していると思われる子をみました。

私は音楽は素人ですが、素人でもわかるくらい「別格」だったのをその子の背中からひしひしと感じました。幼児ですので技術はまだまだでしたが、すでにプロの風格。

先日その教室で知り合った先生と会って話をしたところ、その子はすでに有名なコンクールなどで活躍をしているそうです。

f:id:vt-maguna:20170405170708j:plain

昨日は宝塚音楽学校のことをテレビで紹介していましたが、第一次試験では面接だけで、歌唱や舞踊は第二次試験になるそうです。
それまでの訓練による歌唱や舞踊の能力よりもそういった才能のある原石を見つけたいからと紹介されていました。

多少の技術は「習っている」というリードでごかませるけれども、習って身につく以上のなにかがあるのかもしれません。

 

本当に才能のある人の凄さを目の当たりにすることで、頑張っても越えられない壁を見ることもあるかも。残念ですが、切り替えて次へ行くのは早いほうがいいとも思います。

 

いろいろな子の勉強をみていると、勉強についての特性の違いはひしひしと感じました。ですから対策のたてかたもそれぞれ異なる。

差は顕著な気がしました。私もですが、母親は自分と息子の違いに驚くことも多いと思います。自のやり方だけでは通用しないな、と痛感しています。

 

たとえば上のサイトの8つの知能がバランスがよければ、わりとどこでもうまくやっていけそうです。
息子の友達にも素晴らしいバランスの子がいました。

一方天才と言われる子の中にはなにかが圧倒的に苦手、というような子も多くいたりします。

それで、例えば得意が不得意を見事にカバーして、高偏差値の学校に入れたりするのですが、必ずしもバランスがよくてすべてが高偏差値ではなかったりするので、

「いい大学出ているのに使えない」

ということがあると思うのですが、もともとバラつきが大きいということを考えればそう不思議なことでもないのでしょう。

 

IQだけではその人が使える人かどうかは測れないとは最近よく聞きます。

EQという心の知能指数といったものも大事と言われています。ただ、もともとEQが低い人というのもIQと同様にいるわけで、低い人はEQをあげる努力をすることもできるようですが、そこまで劇的に上げるのは大変な気がします。
比べるものではありませんが、8つの知能ではどこかしら自分の特性にあった方向へ舵をきることができるとすれば誰にでもできることかと思います。

 

身近に絵が得意でよく表彰される子がいますが、親御さんはそちらの教育は一切せず(習い事も関係ないものばかり)、勉強の方に力を入れています。
もちろんそれでも悪くはないかもしれないけれど、自分が親だったらもうちょっとそこをチャレンジさせて人より秀でた世界を味あわせてみたいなぁと思ったりもします。

もちろん絵がどう進路に結びつくかなど、考えは人それぞれでしょうし、親が子どもをどう導くかは親が考えればいいことだとは思いますが。

私自身が、自分が好きでないし上手でもない習い事を何年も続けさせられていたから思うのかなぁ。
そして私自身が得意不得意、好き嫌いがわりとあって、苦手な仕事はできないと思うので。仕事でも、時々「これは特性がない人には面倒で苦痛だろうな」としみじみ思うことも多いのです。どんな仕事もそうかと思うのですが。 

 

にほんブログ村 子育てブログへ

たくましく生きていく力をつけてほしい〜『大卒だって無職になる』

そろそろなにか一冊読み終えたいと思っていましたが、たまたま読みやすそうな本があったので、一気読みしました。

 

今の就活って大変そうと思うのですが、いかがでしょう?
私自身は就活をほぼしなかったのですが、時代はバブルが弾けた直後で、氷河期は始まっていましたが、そこまで深刻でもなく、周りの友人たちも普通に内定をとっていました。ただ一人内定を取れずにアルバイトになった女の子がいたなぁという程度。

続きを読む

子どもの教育とお金の悩み〜どこにかけるか〜

先にお断りを。長いです。

 

president.jp

こんな記事を読みました。今更といえばそんな気もしますが、改めて実感。

 

そしてまだお子さんが小さい方に過ぎてみて言えることがいくつか。

想定外の進路

私が出産した頃、公立中高一貫校というのはありませんでした。

これから子育てするにあたって、どう育てていこうか。
そのとき漠然と思い描いていたのは、今とは全く異なる子育てプラン。

私も夫も公立高校から私大に進んでいて、私は大学受験では一切予備校・塾は行かず。

なんとなく自分の子も高校受験がんばって進学校へ行って、塾いらずで大学へ行ってくれたらいいな、と思っていました。

続きを読む