/*google adsense ページ単位の広告表示*/ /*value commerce LinkSwitch*/

悩める子育て

中学受験→難関校からの大学受験、その先を考える

本番に強いのは、褒めて伸びる子ではない?

4月新学期のバタバタ、今年は私の保護者活動が重なって、毎週末忙しい。そんな折に仕事で使っているパソコンが不調を訴えた。治るまでは気が気でなかったがようやく落ち着く。一人で仕事をしていると、こう言う時頼りになる人がいないのが辛かったりする。一…

シブヤ大学の学生になってみた

学生の頃よく訪れた渋谷。散々見慣れたスクランブル交差点が見渡せる駅の通路には、外国人観光客が人種も様々、交差点を行き交う人の写真を撮るべくずらっと並んでいた。駅の近くには高層ビルも増えつつあり、時の流れを感じる。 平日の夜から開講される講義…

中高6年間をどう過ごすか

前回記事から我が家を振り返って考える。 vt-maguna.hatenablog.com 中高一貫校に在籍し、高校受験のない6年間を過ごしているが、それも半ばを過ぎ、受験まではきっとあっという間。学校での様々な仕事を請け負う息子。この分量で仕事をしていると、ゲーム…

これから求められる人材とは〜大学入試改革から考える

息子にも大学受験が年々近づいてくるが、残りの学校生活をどう過ごすかはなかなか悩ましい。 こんな記事があった。 『「エリートの条件」が2年後のセンター試験廃止で大きく変わる』(ダイヤモンドオンライン)』 diamond.jp 「文部科学省(以下、文科省)…

子どもに読書力をつける指南本

たまたま読む機会があって手に取った本。読書についての指南書で、幼児をお持ちの親御さんには読んで損はないかと思います。すぐに読み終えることができるので。 将来の学力は10歳までの「読書量」で決まる! posted with ヨメレバ 松永 暢史 すばる舎 2014-1…

大学全入時代の考え方〜中学受験をすることに意味はない?

こんな記事があった。 gendai.ismedia.jp 大学「全入」時代に難関私立中学を目指してどうするの?(週刊現代) 要点は、もはや大学はそう苦労しなくても入れるのに、なぜ大変な努力をして小学生の子に中学受験をさせるのか。勉強漬けに意味はない。 そこで、…

進路を考える〜大学受験学部選び

先日、息子に誘われて、憲法学者の木村草太さんのブックトークを聞きに行きました。テレビでお見かけすることもあり、今は毎日小学生新聞に連載もされている木村氏。生で見ても端正なお顔立ちでした。憲法学は、息子が少し前に興味を持っていたのですが、ま…

中学生よ、無料で美術館・博物館へ行こう

小学生ではまだちょっと興味のある人は少ないでしょうか。いろいろな美術館へ行ってもあまり中高生以下の若い人はいない印象です。 ですが、美術館などの多くに中学生無料のところがあるのです。 高校生になると一気に料金がかかるけれど、中学生のうちは見…

東大に三人入れた母の子育て法読み比べ 秀才の育て方にはヒントがたくさん〜灘→東大理IIIの3兄弟

前回の続きです。 vt-maguna.hatenablog.com 今回は本書。『「灘→東大理Ⅲ」の3兄弟を育てた母の秀才の育て方』ちなみに今は一番下の妹さんも東大理Ⅲに入学されました。志望校は子どもたちに決めさせたらたまたま一致したのだとか。 「灘→東大理III」の3兄弟…

東大に三人入れた母の子育て法読み比べ〜「勉強しろ」と絶対言わない子育て

受験や子育てについて本をご紹介してきたが、ブログを書き始めた当初からすでに売れに売れていた『「灘→東大理Ⅲ」の3兄弟を育てた母の秀才の育て方』。著者佐藤さんの考え方はまあまあ馴染んだし、興味がないわけでもなかったが、なんとなく手を取らずにい…

さよなら日劇ラストショウ〜古きも新しきもノスタルジー

バリバリ平成生まれの息子だが、古いもの好き。有楽町の日劇が閉館するのをなぜか惜しんでいる。そういえば、彼も小学校のとき友達らと映画を観に来ていたっけ。 先月から日劇ラストショウと銘打って、様々な過去の上映作品が時間別に上映されていた。その最…

知識詰め込みの是非についておもう

toyokeizai.net 古い記事ですが、たまたま目にして考えてしまった。むしろコメント欄が面白い。塾業界の都合かどうかはよくわからないが、こういう論調は詰め込み教育批判としてよく言われたりする。 ガリ勉がテレビで叩かれたりするのも同様で、以前からな…

息子が理解できないというお母さん〜理解できないよね

年末に長電話で話した友達から、急遽東京に来るのだけどとダメ元でお誘いがあり、二年ぶりくらいで会ってきました。 おそらく起立性調節障害のような症状で悩まされている息子くんも高校受験のさなか。私立の滑り止めは無事合格。県立まであと一月もあると、…

『カレーライスを一から作る』〜ものが何でできているのかを知ることで学ぶこと

昨年のことですが、知人の開催した上映会で、『カレーライスを一から作る』という映画を見ました。 www.ichikaracurry.com 探検家の関野氏の武蔵野大学のゼミの活動を追ったドキュメンタリー。 カレーライスを一から作る: 関野吉晴ゼミ (ポプラ社ノンフィク…

入試〜なにがあるかわからない

www.tokyo-np.co.jp 新聞でセンター試験のトラブルについて報じられていた。 計画的な不正はともかく、指示前に問題を見てしまうとか、終了後もマークシートの修正をしてしまうとか、これはその時間にもよるが些細なことだが、不正になってしまっては今まで…

意識を変えることで大きく上達する

ラグビーの日本選手権を見てきました。パナソニック対サントリー、決勝にふさわしいいい試合でした。 W杯が来年日本で開催されます。もう少し盛り上がるといいな。 少し前に『奇跡のレッスン』というNHKの番組を見ました。数回見たことがありますが、なかな…

苦手を乗り越える工夫〜朝起きられない

少し久しぶりになりましたが、過去記事の続きです。 vt-maguna.hatenablog.com vt-maguna.hatenablog.com 朝起きられない、というのは、息子にも深刻なテーマです。 そして、病的に起きられないというのは、前回記事の冒頭で書いた友達の息子さんなど、実際…

受験生、いい縁に出会えますように。

半月ほど前、友達から久々に電話がかかってきました。 彼女の息子さんは中学三年生。受験生です。 このところ、朝ひどく起きれなくなり、遅刻が増え過敏性大腸炎にもなってしまったとか。学校もあまり面白くない様子。 小学生の時息子が起立性調節障害の治療…

なんとも言えない愛を感じるヒューマンドラマ

小説を読む代わりにドラマを見るのが楽しみなのですが、ここのところ見てよかったと思うドラマがありました。といっても連ドラなので、なかなかオススメしづらいなと思っていましたが、年始に一気に再放送をするというので、ご紹介。「THIS IS US 36歳」。 w…

東京の地下で謎を解く〜リアル脱出ゲーム「地下謎への招待状2017」

師走だからでしょうか、この季節は毎年仕事が重なり、結構重量級の仕事だったので悪戦苦闘していました。ブログ書きたいネタはその間もいろいろあったのですが、このまま年越しは寂しいので大掃除返上で。 「リアル脱出ゲーム」ってご存知ですか? リアル脱…

苦手を乗り越える工夫〜こだわり手帳でスケジュール管理

前回の続きです。 vt-maguna.hatenablog.com ちょっとしたことでうまくいく 発達障害の人が上手に働くための本 posted with ヨメレバ 對馬 陽一郎 翔泳社 2017-05-17 Amazonで購入 Kindleで購入 楽天ブックスで購入 7netで購入 第2章は段取りについて。スケ…

苦手を乗り越える工夫〜視覚過敏

以前紹介した本。今、参考にしつつ生活改善を取り組み中です。 ちょっとしたことでうまくいく 発達障害の人が上手に働くための本 posted with ヨメレバ 對馬 陽一郎 翔泳社 2017-05-17 Amazonで購入 Kindleで購入 楽天ブックスで購入 7netで購入 vt-maguna.h…

本物に触れる〜安藤忠雄展

www.tadao-ando.com 目下建築物に興味津々の息子を安藤忠雄展に連れて行きました。 国立新美術館。もう開館して10年なのですね。黒川紀章氏の設計で、一度見てみたいと思っていたのですが、ようやく訪れることができました。やはりその外観が現れると圧倒さ…

統一テストの結果から課題を話し合った

塾に行っていない息子が年一回唯一受ける大規模テスト。周りでは受験を嫌がる子もいるらしく、受けるというだけましかと思っていました。 結果は、私の危惧していたとおり。中高一貫校でたるみすぎなんじゃないの? というのが如実に現れました。春くらいか…

本質を見ないで、体裁ばかりこだわるという残念

息子の友達の保護者たちと選択授業の話をしていて、 「この選択だとテストが楽らしい。」 「高い評定が苦労せずにもらえる。」 そんな話を聞いて、じんわり違和感を持っていたのだが。もちろん、受験に必要なものも承知の上のプラスアルファの話として 改め…

高校生向け進路指南〜幅広い選択肢から自分に合うものはどれか

高1からの進路教室 posted with ヨメレバ 渡邉洋一 幻冬舎 2013-09-20 『高1からの進路教室』は、高校一年生に向けて進路全般を書いた本です。 「進路を自分の意志で決めているか」という章から始まり、まずはおおまかな進路について考えるきっかけを与えて…

チームラボアイランドで未来を見つめる〜今月は神戸と新潟で開催!

バイトルのCM、ご覧になった方も多いかと思います。チームラボアイランドのショーをバックに欅坂46がダンスしているのを見て、楽しかったな、と思い出します。 欅坂46出演/バイトルCM「ダンス編」 チームラボとチームラボアイランドについては、ウェブサイ…

高校生までに、社会の厳しさ・現実を知ってほしい。

『先に生まれただけの僕』というドラマが面白い。 私立高校の経営改善のために送り込まれた、教育経験のない校長の話。人気校にするために、授業を変えたりする改革案をだすが、高三はその改革案からはずしている。受験が迫っているためだが、高三から不公平…

家庭でできる英語教育〜『どこの国、会社でも活躍できる子の育て方』英語編

前々回記事の続き。 英語編は家庭学習をいかにすすめるか具体的に書いてあり参考になる。 vt-maguna.hatenablog.com 本書の三編のうちの最後は英語編。 しょっぱなから、語学は外注しても効果が薄いという、少し心強い言葉が。 理由1 小学校での英語教育が…

読書のススメ〜古本まつりをぶらつく

神田神保町は本の街。学生時代、社会人になって、たびたび訪れることがある馴染みの街です。 昨日まで古本まつりをやっていました。 昨年は息子が友達と、または一人で何度か足を運んだのですが、今年はうっかり行きそびれていたようで、一緒に行くことに。…