/*google adsense ページ単位の広告表示*/

悩める子育て

過ぎてみたらたいしたことなかったいろいろ

親として

統一テストの結果から課題を話し合った

塾に行っていない息子が年一回唯一受ける大規模テスト。周りでは受験を嫌がる子もいるらしく、受けるというだけましかと思っていました。 結果は、私の危惧していたとおり。中高一貫校でたるみすぎなんじゃないの? というのが如実に現れました。春くらいか…

本質を見ないで、体裁ばかりこだわるという残念

息子の友達の保護者たちと選択授業の話をしていて、 「この選択だとテストが楽らしい。」 「高い評定が苦労せずにもらえる。」 そんな話を聞いて、じんわり違和感を持っていたのだが。もちろん、受験に必要なものも承知の上のプラスアルファの話として 改め…

家庭でできる英語教育〜『どこの国、会社でも活躍できる子の育て方』英語編

前々回記事の続き。 英語編は家庭学習をいかにすすめるか具体的に書いてあり参考になる。 vt-maguna.hatenablog.com 本書の三編のうちの最後は英語編。 しょっぱなから、語学は外注しても効果が薄いという、少し心強い言葉が。 理由1 小学校での英語教育が…

家庭でできるこれからの子育て〜『どこの国、会社でも活躍できる子の育て方』

教育費の無償化や、前回記事のベーシックインカムなど、生きるためにかかるお金の制度も見直されるべき時なのかな、と思う。 vt-maguna.hatenablog.com でも、相変わらず教育費は大きな負担。できるだけ、自分でどうにかなるところにはお金をかけたくない。 …

子どもの体を守るのは親の役目〜部活での無月経や疲労骨折

今朝のNHK「あさイチ」で、10代女子選手に無月経や疲労骨折が多いと報じていた。 調べてみたら、数年前の番組の焼き直しのようなものだった。 ↓詳細は下記ウェブサイトに詳しい。 www.nhk.or.jp 親戚に体育会一家がいる。高校の監督をやっていたり、インスト…

勉強法はやっぱり大事〜〜!

息子の中間試験前に、勉強に付き合いました。 いくつかはサポートもして、教えられないものは、進捗状況だけみて。 といっても、あまりにもやり方がお粗末で、イライラしてしまいました。 受験を経験したとは思えない、効率の悪さ…。 息子はいい方法を教えて…

親が子どもを好きに育てる権利

子どもは好きに育てていい―「親の教育権」入門 (生活人新書) posted with ヨメレバ 西原 博史 日本放送出版協会 2008-05 Amazonで購入 Kindleで購入 楽天ブックスで購入 7netで購入 タイトルに興味を持って読んでみた。 なかなか盛りだくさんで法律の変遷な…

ありのままのわが子を認める

深夜の保護者会「発達障害 子育ての悩みSP」 - NHK 発達障害の特集を見た。 いつも思うが、子育てしている人には誰にでも知ってほしいと思う。自分の子がそうでなくても、周りの子への理解も深まるし、なにしろ人はみな違うということを知ることができる。 …

公立から難関大〜向いている子、いない子

前回記事に引き続き。 先月のとある記事。いつもためになると読んでいる。 toyokeizai.net ここに挙げられているような子が、いわゆる公立トップ校などに行くとあげられているが、実際自分の高校時代を振り返っても、概ねそうなんだろうなと思う。 1)提出物…

中学受験をしなくても知っておいたほうがいいこと

中学受験がメジャーになりつつある昨今ですが、もちろん受験率は地域差があります。 www.inter-edu.com でも、全国的に見れば、そもそも私立など受験する学校が近くにないという地域のほうが多いでしょう。ただ、大学受験となれば全国区で、中学受験をした中…

理由不明の不登校

「ウワサの保護者会」のスペシャルを見た。 www.nhk.or.jp 不登校について。 今回の内容で新しい発見だったのは、不登校になる子に理由がはっきりしない子がいるということ。上のリンクで概要が読めます。 不登校というと、何か原因があるから、それを解決で…

どの年齢にも相応の課題がある 〜思春期からは発言できる子へ〜

詳細は愚痴っぽくなるので書きませんが、まだまだ息子とともに日々悪戦苦闘中です。 なぜ同じ間違えを繰り返す?と理解できないでいたのですが、結局息子はまだまだ幼稚なのだと思い至りました。 そんな思春期男子の母ですが、誰しもなんらかの悩みがあるの…

子どもは大人を見ている

小、中、高と学校のクラスというくくりの中にいれられる。 集団があれば、立ち位置もできる。 それぞれのステージによって、自分の立ち位置も微妙に違ったり、そうでなかったり。 否が応でもそこに組み込まれるから、高校までの学校ってちょっと疲れるところ…

中学生の読書の参考に

中学生のための読解力を伸ばす魔法の本棚 (単行本) posted with ヨメレバ 中島 克治 小学館 2011-06-28 Amazonで購入 Kindleで購入 楽天ブックスで購入 7netで購入 麻布学園の国語の先生が書かれた読書についての指南書。読書についてだけではなく、前半は中…

続・思春期の親に向けたメッセージ

前回の続きです。 vt-maguna.hatenablog.com 第5章 「教養とは「何を知らないか」を知ること」より タイトルについてはまさにその通りで、教養に触れなければその存在や奥深さを知るまでもないし、自分の半径3メートルくらいが世間になってしまうんだろうな…

思春期の親に向けたメッセージ

14歳の子を持つ親たちへ (新潮新書) posted with ヨメレバ 内田 樹,名越 康文 新潮社 2005-04-15 Amazonで購入 Kindleで購入 楽天ブックスで購入 7netで購入 年齢を冠した書籍が結構ある。有名どころは「13歳のハローワーク」など。以前、図書館の資料検索で…

大事なものはなにか。抜くところはどこか。

西原理恵子さんの新聞連載漫画「毎日かあさん」が終了するそうだ。一時期新聞で読んでいたのを思い出した。 子育ての最中は無我夢中で、忙しさや悩みに振り回されて気が遠くなるかもしれないが、終わりは意外とあっという間。 毎日かあさん13 かしまし婆母娘…

悩みながらたたかう

ここ半年くらい、中高一貫校に通う中だるみの息子にはいろいろ話すことにしてきた。その前、このブログを始めた昨年の春くらいからは、反抗期の息子に耳をふさがれて、しばらく任せてみた。 結果は悪かった。 よく中学受験に向いていない子に子どもっぽい子…

苦手を知ることの大切さ

先日NHKスペシャルで発達障害について生放送でやっているのをみました。 昨日の朝はNHKのあさイチで再び発達障害について、スペシャルからも引用しつつ取り上げていました。 息子は発達障害と診断されたわけではありませんが、私が我が子の行動がわからずに…

生きれば生きるほど知らないことだらけだと知る

たかだか四十数年ですが、生きるにつれ、知らない世界が多いことを知ると実感します。 息子と話していて、それを実感することが多い連休でした。もともとの性格のタイプもあるでしょう。私と夫はわりと似ているようで、こういったすれ違いがほとんどなくきて…

部活の負担〜そこまでさせたいわけじゃない

知人と話していて、その方はお子さんの部活動に大変不信感を持っていると聞きました。 部活の練習が思っているよりハードで、けが人が続出している。顧問の先生がそれでもあまり気にせず練習を辞めない。 実際度重なる怪我で部活を辞めた別の人の話を聞きま…

これからの社会を担う若者への指標〜『君たちが知っておくべきこと』

子どもが世界を広げるのに、親の導きの影響は大きい。自分の知らない世界がたくさんあることをまず知ってほしいと思っているし、息子自身も知りたいと思って読書に勤しんでいる。親である私がさほど与えられる知識がないので本に頼ることになる。 君たちが知…

今やるべきことを明確に〜塾選び

このブログの検索で多いものは塾関係の記事です。塾に悩む方は多いのでしょうね。新しく塾カテゴリを作りました。少しずつ過去記事にカテゴリ追加をしようと思います。こちらでは、あくまで自分や周りの話、私が塾講師をしたり中高生の勉強を教えてきた過程…

ランク付けって本当にしているの? 〜◯◯カースト〜

こんな記事を読んだ。 president.jp 煽っていないか この記事がスクールカーストに悩む子への神対応とは思わないが、この対応についてコメントはしない。違和感はこのランク付け。 スクールカーストという話を聞いたのは、2013年にやっていた「35歳の高校…

自分に向いている進路とは?〜8つの知能の傾向を知る

前回記事でも触れましたが、自分が向いている仕事がなんなのかわからないと、実際働いてみたら苦手だった! と気づくことになるでしょう。できることなら小さいころから向いているかどうかを知れると回り道がなくなります。 “8つの知能(MI)”で自分の可…

たくましく生きていく力をつけてほしい〜『大卒だって無職になる』

そろそろなにか一冊読み終えたいと思っていましたが、たまたま読みやすそうな本があったので、一気読みしました。 大卒だって無職になる "はたらく"につまずく若者たち posted with ヨメレバ 工藤啓 エンターブレイン 2012-10-31 Amazonで購入 Kindleで購入 …

子どもの教育とお金の悩み〜どこにかけるか〜

先にお断りを。長いです。 president.jp こんな記事を読みました。今更といえばそんな気もしますが、改めて実感。 そしてまだお子さんが小さい方に過ぎてみて言えることがいくつか。 想定外の進路 私が出産した頃、公立中高一貫校というのはありませんでした…

好きなことから学ぶきっかけに

いまいくつかの本を読み散らかしています。なんとなく仕事もつまって落ち着かず、考えもまとまらずにいます。 たまたま以前録画していた番組を見ていると、子どもが競馬のレースにはまっているというお母さんが出ていました。その方は競走馬の名前を何百も覚…

息子と話が通じないわけが少しわかりました

息子のことは結構たくさん書いているのですが、思春期真っ只中の息子の子育てには多くの親御さん同様苦労しています。 vt-maguna.hatenablog.com vt-maguna.hatenablog.com この辺の記事でも窺えるかと思うのですが、とにかく一筋縄ではいかないのです。 な…

子どもを社会に出すためにやるべきことがたくさん〜自立のすすめ マイルール〜

過去にこんな記事を書きました。 vt-maguna.hatenablog.com ここにもあるように、うちの子は本当に気が利かない。一人っ子だから兄弟競って親の点数稼ぎをする必要もないし、何より自分のことで手いっぱいだから、あまりいろいろさせることも少ない。恥ずか…