/*google adsense ページ単位の広告表示*/

悩める子育て

過ぎてみたらたいしたことなかったいろいろ

東進のテストを受けて

夏休み中、東進の夏季無料招待講習を受けています。

まずテストを受けました。

英・国・数の三科目。

 

どんなテストかもわからず、そして少し範囲が先取りのテストなので、どうなのかと思っていたら、予想外の結果がでました。

 

中間テストで赤点を出してしまった数学。もともと中学受験時から苦手だった算数ですが、それでも余裕で勉強をサボっていた末の結果。
さすがにダメだと思ったみたいですが、なんだかんだと中間後もいろいろあって、ようやっと試験前にいつもよりはできた程度。しかも、教科書を見直すところから、です。
学校では教科書など使わず、さらっと説明してあっという間に進んでしまうらしいので、なんだかわからないうちに通り過ぎてしまった。いざ試験勉強をしようと思ったら、最初からよくわかっていない、という状態。

補習用のプリントをもらってやっていましたが、合わせて教科書、学校の副教材と、基本的なところをおさえてやったら(当然応用までは手が回らず)、無事期末の評定は3あがり(10段階)、1学期総合での成績もなんとかなりました。

 

高校数学は、授業だけではとてもダメだと身をもってわかったと思います。

その進度の速さのおかげか、東進のテストでは数学がまあまあのできでした。

国語は得意科目ですが、古文漢文がほぼパーフェクトで、現代文は平凡。ここが微妙。
現代文の力をつけるのはなかなか大変な印象があります。得意科目にしてほしいのだけど。

 

そして、比較的楽にやってきた英語が不調でした。これも学校の進度が遅いので、先取りのテストで追いつけていないというのもあったのですが、やはり演習不足のミスや熟語等の知識不足がありました。

 

受験にはまだ間があるとはいえ、時々こういった学校以外のテストを受けるのはいい刺激になりますね。
ただ、カウンセリングをしていても、以前の統一テストの時と同様、結局やってないからできてない、に尽きてしまうのです。

 

やはり、以前の統一テストのあとのカウンセリングと同様、まず自分がやれ、ということに尽きるので、その時間を捻出しなくては…。

 

vt-maguna.hatenablog.com

 

カウンセリングでは、大学の合格者と不合格者の年間勉強時間の差なんかを教えてもらいました。さらに、数学の点数でいずれの学部も合否を分けるとか。
数学ってやはり重要なんだなぁ。
中学受験の時も算数が強い子は強いと聞いていたけれど、そうかも、と思いました。

 

さらに、英単語は1800語くらいのものを2、3日でざざっと通して…なんてさらりと言われました。

そうそう、春ころ、あまりに進まない単語集をもういい加減1周はしたんだから、二日で全単語のチェックをせよ、と言ったところ、そんなのできるわけない! と猛反対されたけど、私と塾の先生の言ってること同じじゃない!! 少しはわかってくれただろうか。

 

自宅で独学をしているときには、どうしてもこの辺の常識がわかりにくく、私が言ったところで、頭から厳しすぎると決めつけて相手にしないのです。

 

外部模試はだらけた中だるみ状態に喝を入れるのにもってこいですね。

 

ちなみに7時過ぎから授業時間が設定してあり、希望の時間を選べるのですが、部活やらその他予定で忙しいため、その7時過ぎに家から30分程度の場所で授業を受けるので、講習がある日は大変規則正しくなっています。

本人が起きられないので、私も早起きしなくちゃいけないのですが…。

 

 

にほんブログ村 子育てブログ 中高一貫校の子へ
にほんブログ村

どの年齢にも相応の課題がある 〜思春期からは発言できる子へ〜

詳細は愚痴っぽくなるので書きませんが、まだまだ息子とともに日々悪戦苦闘中です。

なぜ同じ間違えを繰り返す?と理解できないでいたのですが、結局息子はまだまだ幼稚なのだと思い至りました。

そんな思春期男子の母ですが、誰しもなんらかの悩みがあるのでしょうね。

子どもが小さい頃は、小学生になったら、小学生になったら中学へ入ったらとだんだん楽になっていくのだと思っていたのですが、そんなことはない。個人差はいろいろあると思うのですが、うちは中学以降の方が、悩みが大きくなってきました。

 

続きを読む

子どもは大人を見ている

小、中、高と学校のクラスというくくりの中にいれられる。 集団があれば、立ち位置もできる。

それぞれのステージによって、自分の立ち位置も微妙に違ったり、そうでなかったり。

否が応でもそこに組み込まれるから、高校までの学校ってちょっと疲れるところもあった。

 

『パッとしない子』という短編小説には、現在国民的アイドルとなって、MCなどでも活躍している青年が、かつてその弟の担任だった中年の女性教師と再会するという設定。
あっという間に読めるのだが、心をじわりと動かす。


パッとしない子 (Kindle Single)

主人公は女性教師。超有名人の担任ではなかったが、弟を通して関わりがないこともない。
序盤の主人公の周囲へのそのアイドルに対するコメントなどは、本当にありがち、いかにも自分でも言ってしまいそうな下世話なもの。

続きを読む

東京湾一望〜川崎マリエン・東扇島東公園

暑い日が続いていたなか、涼しい週末だったので、出かけようと車で川崎マリエンに行きました。

www.kawasakiport.or.jp


高速湾岸線から見えていて以前から気になっていたのですが、ここに展望台があるのは初めて知りました。湾岸線のこの辺りは京浜工業地帯の真っ只中。海岸寄りには一般の人が立ち寄るような場所がないと思っていましたが、川崎港に面した海沿いにひときわ目立つ高い棟が。

川崎市の作った施設とあって、展望台も無料です。地上何メートルなのかわかりませんが、周りが工場に囲まれ、高い建物がないので、思いのほか見晴らしがよかったです。

残念ながらレストランは閉鎖したようなので、駐車場脇にあるコンビニでお茶を買って中に入ります。

 

続きを読む

中学生の読書の参考に

麻布学園の国語の先生が書かれた読書についての指南書。
読書についてだけではなく、前半は中学生についてあれこれ書いてあり、参考になる。

思春期の難しい子育てで親も躍起になっている。
思春期の子の親が子どもに「ふた」をしている、と言う。親は

「進むべきと考えるレールを敷いて、意見を言う」程度の関わりがよい

(「中学生のための読解力を伸ばす魔法の本棚」より引用)

というのが印象的だった。

 

続きを読む