/*google adsense ページ単位の広告表示*/

悩める子育て

過ぎてみたらたいしたことなかったいろいろ

大事なものはなにか。抜くところはどこか。

西原理恵子さんの新聞連載漫画「毎日かあさん」が終了するそうだ。
一時期新聞で読んでいたのを思い出した。

 

子育ての最中は無我夢中で、忙しさや悩みに振り回されて気が遠くなるかもしれないが、終わりは意外とあっという間。

この連載終了を報じるテレビ番組で、読者の子育て中のお母さんが、「毎日かあさん」の印象的なシーンをあげていた。

忙しい母さんにまとわりつく子どもたち。でも、家事が忙しくて抱っこできない母さん。
子どもたちが大きくなって過去を振り返り、

「家事なんてやらなきゃよかった…。抱っこしてあげればよかった。」

(記憶なので少し違うかもしれません)

 

これを読んで、読者のお母さんも自分の子どもへの対し方を見直したそうだ。

西原さんも、がんばりすぎず、「店屋物でいいんです。部屋が汚くてもいいんです。」と言っていた。

今振り返ると、子どもが小さい時の親子の関わり方は大きくその後の信頼関係に影響すると思う。

そこで問題が生じたり、距離が遠かった親子に歪みができてしまったら、それを修復するのは小さい時の努力の何倍も必要かと思うし、あとで努力しても手遅れと思われることもある。

 

先日、友達と話していて、家事サポートを試してみたと言っていた。
シングルでバリバリ働いて疲れているから使ってみたそう。


幼稚園のときにご一緒したお母さんも、週に一回シルバーサポートの方に掃除をお願いしているといって、自分は家庭で子どもを三人育てつつ、趣味の教室などをやっていました。

 

自分が無理をしすぎないため、やりたいことをやるためにこういったものを利用するのも、店屋物も同様に外注ですよね。必ずしも毎日自分がやらなくてもいい。また、100%やらなくてもいい。

 

子育てでいっぱいいっぱいになってしまったとき、大事なことをないがしろにしてしまっていないか。本当に大事なのはなんなのか。家がきれいなことか。かわいいお弁当が作れることか。素敵なママと言われることか。

 

vt-maguna.hatenablog.com

 

 

私自身は、手を抜いていい、と思うようになったのは、高校生の時。
「こうあるべき」というものにとらわれて辛くなっていた時に、自分なんて所詮大したもんじゃないんだからそんなに肩ひじ張らなくてもよい、という価値観に触れて、急激に楽になった経験がある。実はその後も自分の価値観が変わるほど大きな挫折に直面したことがある。
それで、おそらくそれから特にズボラで無理しないようになった。

そのおかげか、新生児の訪問にいらした保健師さんが、会った瞬間、「お母さん、落ち着いていますね」と言った。
まだ何も話していないのに?と思って尋ねると、多くの新生児(おそらく初産)のお母さんを見ている保健師さんは、一目見て余裕がなくなっているお母さんが結構いると。

夜泣きする赤ちゃんにノイローゼ気味になった母親が我が子を絞め殺したというニュースが、ちょうど我が子が同じくらいのときにあった。
どんな事件だったかと思って検索したら、似たような事件がたくさん出てきますね。

 

新生児は恐ろしく小さく弱々しく、この小さな生き物を自分が責任を持って死なないように世話をしなくてはいけない。
その頃は毎朝、隣で寝ているわが子が息をしていることを確認して

「ああ、よかった。死ななくて。」

そう思っていました。

ハイハイで動くようになってからは、

「子どもが寝ているとき以外の時間はずっと30秒と目を離さないでいるなぁ」

と自覚した記憶も。
うちでは1歳8ヶ月から3歳の幼稚園入園まで保育園に預けましたが、それまでは一日中子どもをほとんど一人で世話していた。

この頃の思い出がそう辛くもなく、それなりに楽しいと思っていたズボラな私でもそうだったのだから、もっときちんとしたお母さんはキリキリ胃が痛むような方もいるだろう。

 

生後半年くらいまでは母親のホルモンバランスの影響もあって、精神状態が悪くなることがあるようだが、それが終わっても、動き出す子どもの危険から守る、家から出て他の子どもとの中でうまくやっていけるようにするなど、子育ての精神的ストレスは、肉体的ストレスより多いような気がする。

 

toyokeizai.net

 

 

そして、思春期には思春期の親としての悩みがまだ続く。
子育て卒業の友達は、娘のパートナーやその家族に頭を悩ませる…。

 

それぞれのステージで、いっぱいいっぱいになってしまったときに、

一旦深呼吸してリセットし、辛くなりすぎないように手を抜いたり、諦めたりすることで、結果的にはうまくいくことは多いような気がする。

 

手作りの栄養バランスを考えた食事、だけど、極端に走り過ぎて、ストレスが増えていないか。
好き嫌いを無くそうとして、子どもを怒鳴り散らしていないか。

 

vt-maguna.hatenablog.com

 

もちろんその加減は考えないといけないと思うし、私自身も適当にいいものを取り入れつつ、偏食にならないよう気も使ってきた一方で、できない努力はしないできました。

 

なんとなく最近違うことで考えてきた「自分の人生を生きる」ということと実はこういった無理をして辛くなってしまうことって関連しているのじゃないかと思えてきました。

 

自分の人生を生きるというのは、自ら選択すること。
きのう読んでいたがらくた整理の本にも書いてあった。
がらくたを整理すると、いろいろ好転するという思いで講演会をする筆者に、参加者からクレームがきた。

整理したものがすぐに必要になったことが多くて困る。

それは、その人が整理することを自分で真に納得しておらず、「なくなったら困るんじゃないか」と心配を抱えたまま行動したからだ、ということ。

なんとなくわかる。自分で整理する意味をきちんと捉えて理解していれば、「やはり整理しなければよかった」とは思わないはず。

 

「この習い事をさせると勉強ができるようになるらしい。」
「中学受験をするといいらしい。」

「◯◯をさせると…」

 

こうやって、自分で納得して選んだのではなく、あの人が言っていた、この本で薦められていた、という基準で行動を決めると、その通りいかなかったときにそれは「人のせい」になる。
でも、誰も人生の責任を取ってくれる人はいない。

 

なにが大事か。何は手を抜いてもいいと思えるか。自分で考えられたら、無理をしすぎて辛くなることも少しは減るかもしれない。

 

結局、どう生きたいのか、自分が考えて決めたほうがいい。中学受験させるのかも大学へ行かせるのかも。自分がどんな親になるかも。
だから、多くの事象で「これが正しい」「こうすべき」という答えはあまり出すつもりはない。
あくまで私の考え、私の選択ということで。

 

 

 

選択に関する過去記事。

 

vt-maguna.hatenablog.com

 

 

vt-maguna.hatenablog.com

 

 

vt-maguna.hatenablog.com

 

 

vt-maguna.hatenablog.com

 

 

にほんブログ村 子育てブログへ

有明〜お台場散歩 施設もご紹介!子連れで楽しめる街

東京の湾岸エリアは、観光スポットとして特に最近では外国人観光客にも人気のようです。

ショッピングエリアもあれば、アトラクションを楽しめたり、映画を見たり、科学に触れたり、できることは様々です。

少し前ですが、散歩をしてきました。散歩ルートのついでに周辺施設をご紹介。
まだ訪れたことのない方には、どこか楽しい場所の参考になればと思います。

ルートはこちら↓

drive.google.com

 

スタートは、りんかい線国際展示場駅、ゆりかもめの有明駅から近いパナソニックセンター東京。

こちらはパナソニックのショールームがあり、一部にリスーピアという施設があります。

リスーピア - 施設案内 - パナソニックセンター東京 - コーポレートショウルーム - 企業情報 - Panasonic

子連れには楽しい場所です。

今回ここは訪れませんが、お台場方面へ向けて散歩開始。

途中夢の大橋というおおきな歩道の橋を歩きます。

www.jalan.net

 

ドラマの撮影などで見たこともあるかもしれません。大観覧車が臨めてデートコースにもいい雰囲気。

f:id:vt-maguna:20170620221446j:plain

日没が近づきつつあったので夢の大橋は早足ですぎて、観覧車を見ながらまっすぐ進みます。
この辺はパレットタウンという複合施設です。

観覧車のあるあたりにはライブハウスやトヨタの施設、ショッピングモール、ゲームセンター、ボーリング場などがあります。
トヨタは車好きでなくても家族で楽しめる車のテーマパークです。

見て乗って感じる クルマのテーマパーク MEGA WEB(メガウェブ)

子どもが小さい頃にはよく訪れました。試乗もできたりと体験も多い。
メガシアターなどは無料で臨場感あふれるアトラクションを楽しめます。最近訪れたら、注意のアナウンスが多国籍でした。(そして待ち時間ほとんどなく乗ったのですが、周りに日本人は私たちだけでびっくりしました)

 

東京レジャーランドというゲームセンターではボーリングや卓球、ビリヤード、ストラックアウトなどいろいろ楽しめます。先日、日曜日の夕飯後に行ったら、待ち時間もなく楽しめました。
ゲームコーナーの方はうるさすぎて疲れますが。

www.leisureland.jp

 

f:id:vt-maguna:20170621175443j:plain

f:id:vt-maguna:20170621175651j:plain

f:id:vt-maguna:20170621175740j:plain

大観覧車からmegaweb、パレットタウンを見下ろす。
トヨタの車が屋根を突き抜けたくさん並んでいる。

f:id:vt-maguna:20170621180038j:plain

船の科学館、ダイバーシティ方面の眺め。

 

ヴィーナスフォートはイタリア風に作られたショッピングモール。お買い物やデートに。

www.venusfort.co.jp

 

さて、それら施設を今回は素通りで、グングン進みます。

ダイバーシティという施設の脇でガンダムが迎えてくれます。

f:id:vt-maguna:20170620222821j:plain

 

www.divercity-tokyo.com

 

こちらもバスから中国人と思われる観光客がぞろぞろ降りてやってきました。

もう少し海へ向かいます。

 

船の科学館を右に折れ、潮風公園に向かいます。

船の科学館はいまは本館展示休止中のようですが、楽しそうな体験ができます。
セーリングカヌー乗船体験だそう。楽しそう。

www.funenokagakukan.or.jp

 

潮風公園の日没は美しい。

f:id:vt-maguna:20170620230149j:plain

富士山がシルエットに。

f:id:vt-maguna:20170620230239j:plain

リゾート感たっぷり。

f:id:vt-maguna:20170620230408j:plain

振り返ると、隣の船の科学館にある灯台が見える。

f:id:vt-maguna:20170620230520j:plain

対岸の大井埠頭。コンテナクレーンのシルエットも美しい。

f:id:vt-maguna:20170620230721j:plain

夏は子どもの水遊びなんかもできる。噴水広場への通路。

f:id:vt-maguna:20170620230920j:plain

高速湾岸線をまたぐ陸橋から海底トンネルを臨む。ここから首都高速は海底を通り、大井へ向かう。

潮風公園はこの高速を挟んで二箇所に分かれているが、もう一方(台場より)は、バーベキュー広場もあり、広い芝生スペースもあります。また、そのまま海岸沿いにお台場海浜公園の方へ出られます。

 

f:id:vt-maguna:20170620231841j:plain

少し歩いてアクアシティお台場の近くから芝浦方面を臨む。

f:id:vt-maguna:20170620232038j:plain

日没後、レインボーブリッジに東京タワーのオレンジが美しく映える。

f:id:vt-maguna:20170620232213j:plain

ここには自由の女神がある。東京の夜景にうきあがる女神。

 

f:id:vt-maguna:20170620232428j:plain

最終地点にはツリー状のイルミネーションが。

この先がお台場海浜公園。

都心ながら砂浜がリゾート感を醸し出していて魅力。

www.tptc.co.jp

 

この近くには、ショッピングモール、アクアシティお台場があります。

アクアシティお台場

こちらのレストランの中にはレインボーブリッジをのぞむ夜景のきれいな席もあり、雰囲気抜群。

また、こちらの建物にあるソニーエクスプローラーサイエンスも、科学に親しむ施設でとても楽しい。

www.sonyexplorascience.jp

 

 

その隣にはデックス東京ビーチが。

www.odaiba-decks.com

 

こちらはセガのアミューズメントパーク東京ジョイポリスや、レゴランド、トリックアートミュージアムといった体験型の施設が充実していて、子連れにも楽しい施設がたくさん。

個人的には台場一丁目商店街が、レトロな雰囲気で少し変わったお店を巡れて楽しいです。

 

さて、ほかにも日本科学未来館、水の科学館、防災施設のそなえりあ、港湾を紹介するTOKYOミナトリエ、フジテレビなど、子どもが楽しめる施設が充実している湾岸エリア。

何回も楽しめる街ですが、広いので施設によっては移動する時には無料のシャトルバスが便利です。

www.hinomaru.co.jp

 

さらに最近都心で広まっているコミュティサイクルの利用もいいかもしれません。
このエリアの主なところにはポート(駐輪場)が設置してあります。

東京・自転車シェアリング広域実験(千代田区・中央区・港区・新宿区・文京区・江東区)

 

 

 今回登場した施設のいくつかを紹介しています↓

vt-maguna.hatenablog.com

 

にほんブログ村 子育てブログへ

悩みながらたたかう

ここ半年くらい、中高一貫校に通う中だるみの息子にはいろいろ話すことにしてきた。
その前、このブログを始めた昨年の春くらいからは、反抗期の息子に耳をふさがれて、しばらく任せてみた。

結果は悪かった。

 

よく中学受験に向いていない子に子どもっぽい子というのがある。目標をたててそのために自分を律して頑張ることができないと難しい。
そういう意味では息子は向いていない方だったと思う。たまたま暗記が人より得意だったのと、塾が面白かったから、目標とか関係なく、家では私のサポートによってどうにかこうにか今の学校に入ることができたのだと思う。自分の中学生時代は勉強もせず遊び呆けていたとほほだが、それに比べても息子は中学生の間幼稚だった。

続きを読む

例文が気になる〜うんこ漢字ドリルの強引さ

president.jp

 

巷で大人気の「うんこ漢字ドリル」。最近ではテレビでも取り上げられていた。
これの是非についてあれこれ言われていた。

 

まず、表紙かわいい! うんこ先生キュート! デザイン最高。 発想も面白い。

率直な感想でした。これで興味を持つ子が増えればいいんじゃない?
がファーストインプレッション。
そういえば息子の小学生時代のドリルもアトムだとかいちいちキャラが書いてあって、なんだろうこれはと思ったのを思い出した。自分のときにも進研ゼミなんかはマスコットが出てきてはいたが、学校のドリルは大して面白いもんじゃなかった。
そもそもドリルなんて楽しくないんだから楽しそうに装わなくてもいいのじゃないの? とアトムの表紙を眺めてなんだか媚びているなぁと思ったものだ。

 

続きを読む

ゆるダラの息子に未来はあるか

president.jp

 

ほとんど我が家では重力に逆らえずに床に這っている息子を持つ我が家に朗報。
少し前の記事ですが、家庭でダラダラする子は優秀なんだそう。優秀かどうかはさておき、健全そうではある。

 

この記事の冒頭部分はほんとうにまさにこれ!

「何度言っても、(自ら)変わらないものは変わらない」

(中略)

キーポイントは子どもは「思い通りにならなくて当たり前」という気持ちで接することだ。

 president.jpより引用

 

これが結構できていない人は常にイライラしている。そして、私も少しはそうであった。
何も言うようにならない、物で釣ってもダメ、褒めおだててもダメな息子には相当悩んでいろいろな本を読んだものだ。

結果。「思い通りにならなくて当たり前」というのが身についたらずいぶん楽になってきた。

続きを読む