読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

悩める子育て

過ぎてみたらたいしたことなかったいろいろ

苦手を知ることの大切さ

先日NHKスペシャルで発達障害について生放送でやっているのをみました。

昨日の朝はNHKのあさイチで再び発達障害について、スペシャルからも引用しつつ取り上げていました。

 

息子は発達障害と診断されたわけではありませんが、私が我が子の行動がわからずに初めて発達障害の本などを読んだ時には、いろいろと自分の無知や世界の狭さを思い知ったのですが、今回も知らなかったと思ったことが。

 

感覚過敏についてです。過敏、特に音などの過敏は聞いたことがあったのですが、味覚や触覚などあらゆるものにも苦手な人がいるということでした。

 

食べ物の偏食は、たいていわがままととらえる方が多いとおもいます。
私も子どもには偏食がないように結構苦労してなんでも食べさせ、結果息子はほとんど好き嫌いもありません。

私も子どもの頃厳しく躾けられ、逆に無理やり食べることを強いられて本当に嫌いになったものが漬物なのですがありましたが、ほかは概ね食べられて、食べられないことによる不便はほぼ感じたことがありません。
あまりにこれもダメ、あれも食べられないと得意げに話すような人は尊敬できないと思っていました。

 

ただ、感覚過敏で食べられない方は、その食感やにおいなどによる苦痛が「我慢すれば食べられる」レベルじゃないようなのです。

その苦手具合も千差万別のようです。

そういえば、しいたけ丸焼きのぐにゃっとした感じがあまり好きじゃないという息子と夫ですが、私は好きだけれどなんとなく理解できる。さすがに丸焼きは出さないけれど切れば食べられるので問題ないかと思っていますが、感覚過敏だとこれが吐くレベルで受け付けないのでしょう。

驚いたのはコロッケのサクサクの衣が口のなかで刺さるような感じとか。確かにそんな感触では苦痛以外の何ものでもないですね。

 

話は変わりますが、食物アレルギーについて、少しは理解が進んできたのかなと思いますが、時々巷で、理解がない人が無理やりアレルギーを持つ人に内緒でその食材を混ぜ込んで食べさせようとしたとか、偏食を直してやると言ったとかいうことを聞いて、無知の怖さを感じていました。下手をすれば人を殺してしまいかねません。おせっかいというレベルで片付けられない。

 

実は子育てをするまでは、自分の周囲にそう人と違って苦労しているというような身近な人がいなかった(もしくは気づかなかった)こともあり、自分の感覚をすべての人が同じように受け取っているものと思い込んでいました。

実際大人になってもそれを信じている方は多いのではないでしょうか。

 

 

 

多動や不注意が治せることではない、ということを知ることで、息子の積み上げた積み木に突進してぶち壊す子に怒りを感じることがなくなりました。

大勢人のいる場に入れないで一緒にリトミック教室に行ったのに通えなかった息子の友達のことを理解できました。

まだまだ息子が弁当箱洗いを途中でやめてしまうことが多いことに時々怒ってしまうのですが、怒るのではなく、こういう行動を避けられるためにどうするかを冷静に考えないとと思います。

 

f:id:vt-maguna:20170525130143j:plain

番組では片付けられない主婦の方は夫に理解されず離婚になったとか。すかすかのタンスの前に洋服が山積みになっていて、見えないのがダメだと話していました。

以前も書きましたが、息子が小学生の頃、スクールカウンセラーの先生と話していた時に「きちんと片付けられないなら大きな箱に全部放り込むようにすれば」と言われて、「なぜ片付けない! キー!」と思っていた気持ちがすうっと落ち着いたのを覚えています。
大きな箱は使いませんでしたが、のちに中学受験生時代、自宅学習時間が増えたので、リビングではすべての文房具をカゴにまとめて放ってありました。勉強が終わればすべてざざっとそこへ流し込んで終了。ノート教材類も脇の棚にすべて入れるだけ。

思えばそれより以前にリビングで勉強する時は、まず息子が教材を持ってくる。

赤鉛筆がないよ。→部屋に取りに行く。ない。時間が経過。

戻ってきて問題を解く→定規が必要→以下同様。

あの参考書は?→以下同様。

とやっていました。

すべてのものをまとめて持ってくることも元に戻すことも息子には苦手のようです。

今はそこまでリビング学習コーナーは常時開店していませんが、受験勉強当時はとてもやりやすく快適でした。

 

vt-maguna.hatenablog.com

 

vt-maguna.hatenablog.com

 

発達障害と言っても苦手は個人により様々。感覚過敏じゃなくて鈍感な方もいるようです。

苦手を知ることで、対策ができる。

一方自分の感覚がすべてと思い込んでいる知人は、読み書きが苦手な子に

「なんでできないんだ!」

と怒ったり呆れたりするだけで、余計にやる気をそいでいました。

 

思い込みってフィルターのようですね。厚くてくもっていてよく見えない。

見えないから勝手に自分で判断して、自分の尺度だけで相手を決めつけイライラする。

 

極端にできない、と思った時に

うちの子はバカだ

ですませるのか、

なんでなんだろうと理解しようとするのかで結果は大きく変わっていくのではないか。

少なくとも、自分のストレスはだいぶ減りますね。

 

番組に出ていた栗原類さんも、お母さんが彼にお手伝いをさせるようにしてきたが、どうしても苦手なことがあったりして、そうするうちに得意なことをやるといった分担ができるようになる。

社会に出るにあたって、自分はなにが苦手、なにが得意と知ることは、誰にとってもかなり重要なことのように思います。

 

話は少しずれるのですが、仕事の向き不向きで感じたことを。

実は以前こんな記事を書きました。

 

vt-maguna.hatenablog.com

 

 薬屋の営業さんがとても不器用で、担当が変わってよかったという話。このあとオチがありまして。ここでも少し触れているのですが、彼以前の担当さんはすぐ辞めてしまうようでしたが、この記事でやってきた新担当のおじさんもそれきり来なくなってしまったのでした。
実際は、子どもも大きくなったし、家に定期的に人に来られるのが面倒になっていて、例の不器用営業さんの時も何度も置き薬をやめようかと思っていました。 が、なんとなくがんばっている彼に言い出しにくくて、二度引っ越しましたが結局続けてきました。

 

ところが新担当さんが来てから半年経っても交換に来ないので、救急箱を引き取って欲しいと電話をすると、あとから所長が慌てて電話をしてきて、「いまお宅には担当がついていなくて」と話していました。
なんだそれと思いましたが、こちらは一切苦情も言わず説明も求めず黙って引き上げてもらいました。担当さんがいなければ担当さんに気兼ねすることもない。やめるならいま!

 

不器用担当さんは、気が利かないけれどもその多くの人が辞めてしまう環境で続けてこられた、親の介護でリタイアされたらしいけれど、その会社にはかけがえのない人材だったのかなと思いました。ブラックっぽい環境が向いているというのもどうかと思うけれど…。

 

いま改めてその担当さんを思い出すと、なんらか人に共感したりすることが苦手だったのでしょうね。
番組でも、発達障害の方で、無表情なんだけど決して感情がないわけではない、ということを紹介していました。担当さんもマニュアルトークしかできませんが、彼にもう少し愛があってくれればと思うのも私のエゴですね。

そういうことで苦労されている方も多いのかもしれない。 

NHKスペシャル冒頭で、MCのイノッチが、誰でも見たほうがいい、と番組を紹介していましたが、様々な人を理解するという面で、むしろ困っている当事者以上に周りの「多数派」の人がこういう問題を知ることが大切だと思います。

 

今回知った味覚や触覚の過敏を知ると、昔の給食を完食するまで食べさせるということが、人によっては虐待になるのではと感じられました。

 

 

 

生きれば生きるほど知らないことだらけだと知る

たかだか四十数年ですが、生きるにつれ、知らない世界が多いことを知ると実感します。

 

息子と話していて、それを実感することが多い連休でした。
もともとの性格のタイプもあるでしょう。私と夫はわりと似ているようで、こういったすれ違いがほとんどなくきてしまいました。
そのことも私を無知にしていたなぁと思うのですが、子どもを育てて感じる自分の知らない世界はあまりにも多かったし、これからもそうなんだろうと思います。

 

思春期の頃は、自分がいろいろわかってきて、少し大人がわかった気になる年齢。
以前から、新聞の投書欄の若者は一刀両断するのだなぁ、とそれが若さゆえの自信で通過点なのだと思ってきました。

それでも、息子は本を読むので頭でっかちになりがち。ここのところ気になるのは

「それはこうでしょ。」という断定でした。

そうかもしれないけど、そうじゃないかもしれない。わからないのに鵜呑みにするべきじゃないというと、わからなくない、絶対そうと言う。

続きを読む

部活の負担〜そこまでさせたいわけじゃない

知人と話していて、その方はお子さんの部活動に大変不信感を持っていると聞きました。

部活の練習が思っているよりハードで、けが人が続出している。顧問の先生がそれでもあまり気にせず練習を辞めない。

実際度重なる怪我で部活を辞めた別の人の話を聞きました。
怪我が続いてかなりお子さんも凹んだそう。今では幽霊部員に。

 

今回お話しした方は、顧問に不満を訴えますが、なかなか受け入れてもらえないそう。

そもそもその部活動で進学をするとか、そこまで中高時代を部活に捧げるというスタンスで部活動に参加していないのに、大きな怪我で後遺症をおったり、そうでなくとも勉強に支障が出たりしては本末転倒だと。

でも、お子さんは反抗期もあり、先生になかば影響を受けているのもありで、顧問のやり方に反対して、エースであるにも関わらずこのままなら辞めさせたいという親御さんと対立気味だそう。

うーん、難しい問題ですね。

私はその顧問の先生を存じ上げませんが、とにかく全力で部活に臨むのが当然と考える方も多いでしょう。

先生も期待しているからこそしごき、子どもも期待を裏切りたくない思いもあるのでしょうね。
わかるのですが、私が感心したのは、その親御さんが大変冷静に事態を見ていらっしゃること。
「私は息子に何をさせるためにこの学校に入れさせているのかといえば、部活じゃない。」

いくら活躍していても、そしてその方自体がお子さんと同じ競技経験者ですから、部活反対というわけではないそうですが、それでも冷静さを見失わないのです。

f:id:vt-maguna:20170508191237j:plain

 

この春は那須の山で雪崩で高校生が亡くなるという痛ましい事故が起こりました。
子どもをそういった危険に晒す可能性がある以上、親もそのことをしっかり見つめなくてはいけないですね。

 

山岳部ほどの危険は多くの運動部では少ないとは思いますが、それでも毎年熱中症や大怪我、雷にうたれる、試合送迎時の交通事故死などつらい事故が起こっています。
そういえば数日前も組体操の事故で怪我をしたお子さんが未だに後遺症を引きずっているということを読みました。そういった死亡以外の事故も含めるとかなり深刻な自体も多いのではないでしょうか。
ニュースなどでは死亡者しかほとんど注目されませんが、(部活とはずれますが)スキーバスの事故で生き残った人たちも大変な思いをしている方が何人もいらっしゃると聞いて、怪我というのもバカにできないと思うのです。

児童生徒の安全を預かる先生の負担も大変なものと思います。だからこそ、きちんとその競技がわからない名ばかりの指導者であるとか、ほぼ無償で先生をこき使うとか、子どもを危険に晒すような要因を作らないでほしいし、親はそこに敏感になっていいと思いました。

 

息子も、試合前などは部活中心になり、他のことより優先しなくてはいけない時期があります。
今もいろいろ学校の仕事をしている息子は、部活の優先度に顧問の先生と意見が異なることもあるようです。

勉強について心配がないわけではありません。というか、部活のために受験勉強に没頭できない可能性が高く、今から息子の勉強についてのんびり構えていられないという気持ちが強いです。
引退の遅い部なので、浪人をかけてまでやるかやらないか、いつ引退するかもまだ話し合っていませんが大事な問題となります。

 

一方、先日テレビで中学校の部活でのレッスンを見て、夢中になってしまうのもわかるなぁと思いました。

www4.nhk.or.jp

やはり、息子の部活でも、本人も親も熱くなって泣いてしまうほど没頭してしまう魅力があります。

 

辛い練習や怪我、レギュラーになれるか、チームワーク、成長、勝利の喜び…悲喜こもごもの部活ですが、親子で後悔することのないようにしたいと思います。

 

 

vt-maguna.hatenablog.com

 

vt-maguna.hatenablog.com

 

にほんブログ村 子育てブログへ

これからの社会を担う若者への指標〜『君たちが知っておくべきこと』

子どもが世界を広げるのに、親の導きの影響は大きい。
自分の知らない世界がたくさんあることをまず知ってほしいと思っているし、息子自身も知りたいと思って読書に勤しんでいる。
親である私がさほど与えられる知識がないので本に頼ることになる。

 

本屋で見かけた時にぜひ読ませたいと思って購入した。
佐藤優氏が灘高生の質問に答える会話形式で、大きく分けて、

  • 真のエリートになるために
  • 戦争はいつ起きるのか
  • 僕たちはナショナリズムから逃れられない

という三回に渡る対話について掲載されている。

 

どれもそれぞれ興味深く参考になった。

一回目の印象深いところは、真のエリートに対して、日本のエリートは後進国型であるとか、アメリカとヨーロッパの教養の違いとか、反知性主義について。

それから「思考の鋳型」にはめられてしまい、価値観が固定化してしまうと、カルトにはまったり、東大だったらどこでもいいなんてことになったりする。

「一番病」になって社会に出ても<永遠の椅子取りゲーム>みたいになってしまいがちである。
そうならないためにそれぞれ得意なことがあると棲み分けできるようになるとよい。そのためにいろんな知識を総合しなくてはいけないということ。

 

二回目では、日本教育の弱点についてや、ウクライナ紛争のことについて歴史的背景、宗教的背景に言及されていること、論理力について、理系エリートの時代と言われているが、統治エリートは文系・人文系であること、教養についてなど盛りだくさん。

一回目に続いて言われているが、受験勉強を軽く見ない。それで得た知識を一生維持すること。一番納得したのは、「系統的に本を読む」こと。

これは、三回目でも伝えているが、様々な世界を鳥瞰するために自分と関係ないと思われるものも取り入れていくということ、さらに物事を突き放して見るということ。
この辺は必要だと思う。主観だけで鋳型にはまるのではなく、冷静に上から見下ろせるようになるような本の読み方、選び方をするということ。
私も日頃少し気になっている。「そうだよね、そうそう!」だけでなく、「そういう考えもありか」と世界を広げる必要性。

 

三回目では他にも日本の大学の実学重視に偏りすぎなところ、教養の比重が低いところを問題として指摘しているのと、教養は人から人へ伝わるので、自分の恩師と思えるような人に会えるといいということ。

さらに国際情勢。アメリカの大学事情、語学複数習得についてなど、日本を引っ張っていく人々が知っているべきことは膨大にあると実感させられる。

 

エリートとは無縁の世界に暮らしているので、知らないこと、エリートには当たり前のことがたくさん紹介されていて、大変有用だった(何がわからないのかを知る意味で)。大人が読んでも面白い。

息子は政治や国際情勢、言語学、宗教(キリスト教)、法律などにも興味があるようなので、そういったあらゆる参考図書の一覧としても本書はいい手引きになると思う。
読みながらワクワクして、少しだけ息子にチラ見せしてしまった。

海外大学だけでなく、東大などの学部の実態なんかについても触れられていて、それこそ「学部はどこでもいい!」なんていう乱暴でない大学選びの参考にもなろう。

 

佐藤氏の書籍は読んだことがなく、新聞のコラムをたまに読む程度だったが、たくさんの物の見方を示しつつ、「教養を身につけ、鳥瞰しろ」という姿勢は、若者に対して必要なメッセージだと思った。また、自ら佐藤氏をたずねたいとやってくる灘高生の問題意識の高さや知識の深さにも脱帽した。
当たり前のように佐藤氏が繰り出す問いかけに、少なくとも語彙では対等に話を受けていて、驚く箇所が多かった。
たしかに佐藤氏があとがきで触れているように、日本の将来に少し安心した。この素晴らしい若きエリート達が腐っていかないよう見守ってほしい。
同時に若者達には反知性主義に負けずに教養を身につけ、真のエリートになってほしいと思った。

 

にほんブログ村 子育てブログ 中高一貫校の子へ
にほんブログ村

復興城主になろう! 〜熊本城復元〜

まだ子どもが小学生の頃に熊本を訪れました。

熊本地震では、実況映像で熊本城から土煙が上がっている様子に不安に思った通り、いまあの美しい武者返しの石垣も一部崩れてしまい、復元には大変な手間がかかるようです。

 

f:id:vt-maguna:20170501180017j:plain

訪れた時の熊本城。この頃はビデオ撮影ばかりしていたので、こんな小さな写真しかありません。

 

f:id:vt-maguna:20170501180132j:plain

楽しかったこの頃…。なぜ水戸黄門かはわかりません。いろいろ着れました。
お城の入り口にもお兄さんが甲冑を着て立っていらして、それはどの武将の甲冑ですかと聞いたら、
「カタログでいいと思ったのを選んだので…誰というわけでは…。」などと困っていらっしゃいました。

 

ところでこの時も熊本城では一口城主という寄付制度をしていました。
城に詳しいわけではないのですが、以前城の修復や保存の番組を見た時に、綺麗な状態を保つことに想像以上に手間や技術が必要だと知りました。
それがたいへんだからこそ、多くのお城はいま姿を消しているのでしょう。

www.jalan.net

 

古い記事ですが。こんなことをしていて、まあおそらく熊本をまた訪れることがあるかどうかわからないので、他の施設の優待などはなくとも興味を持ってはいたのですが…。

 

改めて古い写真を見つけて懐かしいと同時に復興について気になったところ、現在は「復興城主」という形で寄付を募っているそうです。ちょっと城主になってみようかな。

 

ちなみに最近NHKスペシャルで、この武者返しの石垣の積み方のすごさについてやっていて、改めて驚愕。

www6.nhk.or.jp

明治時代の修復箇所の被害が目立つ一方、築城当初の石垣がほとんど地震に耐えていたというのです。

忍者をも受け付けないあの石垣のカーブは緻密で複雑な計算式でできあがるものだと聞いて感動しました。

 

城の保存は大変な手間と費用がかかるうえ、復興まで観光収入なども入ってこないため、財政的に厳しいことだと思います。

ご興味のある方はぜひ。

kumamoto-guide.jp

 

 Up!

magumagu.hatenablog.jp