読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

悩める子育て

過ぎてみたらたいしたことなかったいろいろ

支配する親

親として

このブログを書くに至った理由に、知人の親子について考えることがおおかったというのがあります。

 

教育熱心なお父さんが、小学生の時から英語塾や補習塾を選んで通わせていました。

学校にも頻繁に顔を出し、いいお父さんという印象。

 

その子はよく他のお友達などとパーティだと言って家に遊びに来るのを楽しみにしていました。ところが、たびたびドタキャンをすることが。

その子はそういうイベントが大好きなのに、来られないとはどういうことかと尋ねると、

「宿題をやっていない」

「態度が悪い」

と。

「罰」を与える親御さんでした。

 

そのうち、説教をされても黙ってただやり過ごしたり、わかりきった嘘をついたりするようになり、

「いうことを聞かないなら出て行け」

と言われ、はじめは玄関でうずくまっていた子が、そのうち家から見える公園で数時間、一晩、しまいには二日ほど行方不明に。

 

その子は他の子よりできないことが少しありました。
担任より親御さんへ注意もあったようです。

 

「ほめるところがない。自分がちゃんとやらないから悪い。」

お母さんはそう言いました。

 

その頃からお父さんは学校に顔を見せなくなりました。
運動会さえ来ない。ふがいない子どもを見るのが嫌だったのでしょうか?

 

でも、人より話すのが上手で面白いし、自分の興味のあるものには詳しい。

 

学校で授業参観時に個別のプレゼンがありました。
その子はとてもその子らしい楽しいプレゼンをしていました。

その子の親御さんは来ませんでした。

「すごくよかったよ。くればよかったのに。」

と話したら、

「見に来てとは言われたんだけどね。」

お母さんも仕事で疲れていたようです。

 

中学生が家出をしていて事件に巻き込まれることを時々聞きます。

事件云々以前に、家出は本人からのSOSではないのか?

「やる気がない」という前にやる気を出させる工夫はしたのか。

 

親がまず努力して、それぞれの子どもに応じた接し方、導き方を試してほしい。

「宿題だからやれ」なんて、子どもは自らやるようになる子は少ないでしょう。

 

子どもは親の持ち物ではない。支配しても思うようにはならないです。

 

最近その子のお母さんは仕事を辞めました。

その子の行く末を案じて(主に勉強面)、放っておくとやらないから、と。

素晴らしいな、と思いました。

「あんたのために辞めるのよ。」と話すと

「ごめんね。」と小さく言ったそう。その子も嬉しかったのでしょうね。

頑張れ〜〜! 応援しています!

 

さて、みなさんは自分が子どもの頃から変わったとお思いですか?
「ベースは変わっていない」と思っているかもしれませんね。
私もそうでした。しかし、こういった問題に直面して改めて振り返ると、自分の子ども時代はほめられたもんじゃないです(トホホ)。

 

高校受験、大学受験、就職して仕事の様々な試練を通り抜けて、それで少しずつ蓄積してきた経験。それがあるからこそ、

「もっと勉強しておけばよかった。」

「早く勉強済ませて遊べば怒られないのに」

「授業を真面目に受けないと内申がもらえないのに」

と考えられる今があるのでしょう。

 

同じ感覚を子どもに求めちゃいけないんじゃないか、と私も最近気づきました。
ま、今までは、何度言っても聞かない息子に

「もーこいつにゃ論理は通じないのだ」

と思うことにしていたわけですが。

経験。まさに年の功ですね! 余裕でいたいものです(まだまだ無理です〜)。

にほんブログ村 子育てブログ 育児の悩み・愚痴へ
にほんブログ村