/*google adsense ページ単位の広告表示*/ /*value commerce LinkSwitch*/ /*Apple Itunes affiliate program autolink*/

悩める子育て

中学受験→難関校からの大学受験、その先を考える

チームラボアイランドで未来を見つめる〜今月は神戸と新潟で開催!

バイトルのCM、ご覧になった方も多いかと思います。
チームラボアイランドのショーをバックに欅坂46がダンスしているのを見て、楽しかったな、と思い出します。

 


欅坂46出演/バイトルCM「ダンス編」

 

チームラボとチームラボアイランドについては、ウェブサイトをご覧ください。

island.team-lab.com

 

チームラボの活動は、NHK「ようこそ先輩」に代表取締役の猪子さんが訪れ、学校をワクワクするデジタルの遊び場にする試みを見たり、紙に書いた魚が自在にデジタルの海を泳ぎだすのは、イベントなどで体験したこともありました。

 

 

現在このチームラボの試みが存分にあらわされた遊園地が、日本をはじめ世界を巡回しています。私たちは渋谷ヒカリエを訪れました。9月です。

f:id:vt-maguna:20171025182622j:plain

ウェブサイトで内容はご覧になってください。動く絵にタッチしたりすることで反応する世界に、子どもだけでなく大人も魅了されること間違いなし。こんなに色に囲まれることはなかなかない。

これをこうしたら、どうなるのだろう? 

そんな感じで関われる遊園地なのです。

 

f:id:vt-maguna:20171025182721j:plain

カクテルが飲めるスペースの壁は一面ジャングル。カラフルな動く絵本の中に入り込んだよう。

f:id:vt-maguna:20171025182916j:plain

 

現在は海外を回っているようですが、来月神戸や新潟で体験できます。

 

小さいお子さんは大喜びでしょうが、それだけに、大人は見守ってしまうかも。
大人だけなら、大人限定の夜の時間に入ることをお勧めします。

私は夜間に訪れました。

まだ入った当初はお子さんの時間とかぶっていたので(入る時間は自由ですが、ショーは時間指定があります。料金は全部込みです。)、光の滑り台は子どもの独占場でした。

もう空いていたのですが、同じ子たちがなんどもなんども滑り続けていて、ああ、楽しいのだなぁ、と微笑ましかったのです。もちろんこの後滑ってやる!とやる気満々。

子どもたちが退場時間になったら、大人が楽しそうに滑っているのを見て、なかなか楽しめました。もちろん私も。なんどもは流石にしませんでしたが。

 

f:id:vt-maguna:20171025183121j:plain

何種類かある塗り絵を選んで塗り、スキャンしてもらうと…。

f:id:vt-maguna:20171025183228j:plain

自分の塗ったとかげが現れて、坂を登り出す!!

 

f:id:vt-maguna:20171025183654j:plain

トカゲの行き先はカラフルな色の海。立体的に見える鯨が悠然と泳ぐ。

 

ショーは冒頭のバイトルCMのように光のショーです。

www.teamlab.art

古いですが、渋谷の情報。キッズはキッズnoonというのをやっていて、下の方に大人向けのショーが載っています。

 

f:id:vt-maguna:20171025184737j:plain

光だけなのに、まるでそこに柱があるよう。

f:id:vt-maguna:20171025184851j:plain

f:id:vt-maguna:20171025185113j:plain

大量のボールに囲まれる。このボールの色も元は白いようで、随時変化する。どうなっているんだろう。
大人が必死に触ろうとジャンプする。私は背が低いから届かなくてなかなかもどかしい。

f:id:vt-maguna:20171025184919j:plain

光と音楽のコラボ。ミラーボールが多数登場。

f:id:vt-maguna:20171025185325j:plain

親分の巨大ミラーボール登場。会場を横切る。GOD感満載!

f:id:vt-maguna:20171025185523j:plain

光るタンバリンの箱登場。ショーはクライマックスへ。

f:id:vt-maguna:20171025185629j:plain

神を崇める信者みたい。存在感抜群!

 

ショーもアトラクションも会場によって多少違うかもしれません。ウェブサイトで紹介されたものが全てはありませんでした。

 

ぜひお近くにきたら、遊びに行っては?

 

楽しかった〜だけでもいいのですが、チームラボはこんな試みもしているようです。

 

凸版印刷|凸版印刷、美術館アートをデジタル鑑賞

 

デジタル技術をどうやってこれから取り込んでいくか、体験しながらこの先の世の中に思いを馳せてもいいのかも。お子さんが訪れれば、なんらか興味関心が向いて、将来に繋がるかもしれません。

 

余談ですが、東京ドームシティでのこと。
息子が小さい頃、通路に東京ドームシティのロゴがどこかから投影されていて、それが止まったり動いたりするのを、ケタケタと笑いながらずうっと追いかけっこしていました。
ショッピングモールの時々出てくる水の噴水なんかも、いつ水が出てくるかと、楽しそうに戯れてていました。

子どもって、そんなささいなことでも楽しめるのですよね。触って動く、はまさにこれの豪華バージョン。きっと何時間もはまる子も多いかと思います。

 

夜間に訪れたことで、子どもに遠慮せず単純な動きをなんども試したりできたのがよかった!

最近レゴランドも大人の日があるらしいですけど、大人もこういう遊び、実は大好きですよね。

 

神戸、新潟近辺の方はぜひ訪れてみてください。

 

動画も作ってみました。